スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペット食育協会「ペット食育士(*)2級認定講座」ってどんなもの?

2013年07月10日 14:21

ペット食育協会「ペット食育士(*)2級認定講座」って
どんなもの?




なぜこのような講座を開催しているの?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・情報がいっぱい! でも悩みもいっぱい?
 私が子供の頃は「近所の獣医さんまで車で走って30分」はかかっていました。
 もちろん、ショップや雑誌なんてお見かけする機会はほとんどナシ!

 でも最近はすごい情報量ですよね~。
 代表格は「ネット」
 ちょっと検索すればたくさんの情報を目にすることができます。
 なのに、同じぐらい悩める飼い主さんの声を見聞きするようになりました。
 どうしてなのでしょう・・・?

・「不安」ウィルスが拡大中?
 皆さんが風邪を引きやすくなる時はどんなときでしょう。
 人ごみに行くということもありますが、疲れているなど体力が落ちている時が多いですよね。

 飼い主さんの「不安」も何だかこれに似ていると私は思います。
 たくさんの情報の中で様々な話を聞くうちに(人ごみ)、確信が持てないので(体力低下
 「不安」(ウィルス)に負けてしまう・・・という感じです。

 ということは・・・
 「人ごみに出てもウィルスに負けない体力があれば風邪にも打ち勝てる
 つまり、
 様々な情報があっても、自分で判断できる知識があれば全然不安じゃない
 と、思いませんか?
 

 ペット食育士(*)2級認定講座はどのようなもの?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・講座内容を簡単にご紹介♪
 第1章 手作り食
      「選択肢の一つ」として考えるための基本を再確認しながら更にプラスしてお話します
 第2章 犬・猫の食性
      実はあまり気にしていなかった犬・猫の生態から「食生活」を考えてみます
 第3章 栄養学
      栄養学の基本に簡単に触れて「食べた後はどうなる?」を知っていただきます
 第4章 ライフステージ
      「年齢」による悩みもまずは「知る」ことから始めてみます
 第5章 ペットフード
      「ペットフード」についてもきちんとした知識を持つことで更に生活に役立てられます
 第6章 ペットフードの基準値
      「ペットフードの基準値」の中身を数字で触れていただきます。
      その中で犬猫のエネルギー要求量も簡単に計算することができます。
 

怪しい会へのお誘いはもちろんのこと、物販といったことは一切ございませんのでご安心を(笑)


 
 入門講座とはどう違うの?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・入門講座で聞いた話に似ている?
 と、ちょっと気になった方もいらっしゃるかもしれません。
 では次に「違いはどこ?」についてを取りあげてみましょう!

・入門講座は「問題集」、ペット食育士(*)2級認定講座は「参考書」
 例えて言うとすれば違いはズバリ! こんな感じです。
 「さっぱり意味が分からない・・・」という皆さん、
 それではまず受験(受検)生の気持ちに戻っていただいて・・・。
 
 多くのマーク式試験では「解答」が合致していれば、そこまでの考え方や解き方は問われません。
 例え「ヤマカン」で出した答えであっても、一致していれば「正解」となります。

 でも、その時は偶然正解だったとしても、その後はどうでしょうか・・・。
 数字が変われば「不正解」になることもありますし、解き方も記入する問題には答えられませんよね。
 そのような状態で次の試験に臨めば、不安な気持ちのまま受験(受検)ということになります。

 今、悩みを抱える飼い主さんも、ちょうどこれと同じような状態なのかもしれません・・・。

・「答え」の「求め方」を身につけてみましょう!
 入門講座では、たくさんの疑問にお答えを提供してまずは「楽」になっていただきました。
 では次に、一歩踏み込んでみませんか?

 「答えだけ」を覚える方法では、
 少し条件が変わった時に正しいかどうかが分からなくなることもあると思います。


 ですからこのペット食育士(*)2級認定講座で「基本の解き方」部分を学ぶことで、
 少々のことでは動じない強い飼い主さんになってもらいたいと思います!


 誰でも受講可能なの?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・ペット食育協会認定「入門講座」を受講された方を対象としています
 ペット食育協会入門講座を受講済みかどうかが参加時の条件として必要となります。

 「でも、他の講座を受けたこともあるし、ある程度知っているんだから・・・」
 と、思われるかもしれませんね。

・初めて観る映画(ドラマ)はストーリーを追うだけ
 映画やドラマでは、たくさんの出演者の役柄を覚え更にストーリーも覚えておかないと
 途中だけを観てもさっぱり意味が分からないものだと思います。
 例え始めから観ていても、展開を追うのに集中していたりします。

 でも、2回目(再放送)で観るとき、初回とは違う気持ちで観ていたりしませんか?
 出演者の間柄やストーリー展開を知っているため、余裕が出てくるのだと思います。
 「あっ、こんな所に伏線があったんだ~!」
 なんて細やかな発見をしたりして、新たな楽しみを得ると同時にしっかりと記憶に残りますよね。

 入門講座を受講してからペット食育士(*)2級認定講座に臨んでいただくことは、ちょうどこの効果と同じで、
 「答え」を知った上で解き方を聞いていただくことによって、しっかりと理解していただける
 と考えております。

 そしてもう一つ。
 「ある程度知っている」の「ある程度」がどのような内容なのかによって、
 ペット食育士(*)2級認定講座の内容理解度が全く違ったものになってくるかもしれません・・・。
 それを確認していただくためにも、入門講座の受講が必須となっております。

 ご理解の程宜しくお願いいたします。



 ペット食育士(*)2級認定講座は受けるだけ?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・講座は12時間のカリキュラムです
 このペット食育士(*)2級認定講座では、計12時間学習していただきます。
 「え~!長い・・・」と思われた方。
 大丈夫です。「受講してたらあっという間でした!」というお声をたくさんいただいております

 そして12時間の講座課程を全て修了された時点で、次の「1級講座」の受講資格が得られます。
 

 また、12時間受講していただいた方には「認定試験」を受けていただきます。
 「えっ・・・試験・・・」と思われた方。
 これまた大丈夫です!
 その場ではなく、後日ネット経由で解答期間を設けて行います。
 テキストを見ながらでOKですし、お話を聞いていただいていれば、
 ちゃんと答えは明かしておりますので

・認定試験に合格したら?
 12時間全てを受講し認定試験にも合格された方には、
 「ペット食育士2級(*)」認定証がペット食育協会から贈られます。
 

(*)ペット食育士はペット食育協会の登録商標です
  またペット食育士はペットの食事に関する基本的な知識を修得したことを示すもので、
  その資格を標榜してペットの食育に関するアドバイスやその他の講師活動業務を
  行なうことはできません



 参考までに・・・受講された方々の声
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

・掲載許可をくださった方々の実際の感想を一部ご紹介いたします


栄養学等すぐに飲み込むのが難しい部部も分かりやすく色々と例えながら教えてもらったので、苦手な分野ではありますが楽しく学ばせてもらえました。
質問もしやすい雰囲気だったのでリラックスして勉強できました。
(小西さま)

長い時間と思っていたけれど、あっという間の2日間でした。
初めて知ることがいっぱいあったので、何度も目からウロコが落ちました。
楽しく続けていけそうです。
(中村さま)

犬しか飼ったことがなかったので猫の食事のことも勉強できて良かったです。
栄養学については独学で勉強していてあまりわかっていなかったので、サプリメント等に流されてしまうことがあったので、消化のメカニズム等を勉強できたことで自分なりにしっかりと考えることが出来そうです。
(大前さま)

食育は自分が思っていたより奥深く、まだまだ理解していなくてむずかしいなと思いましたが、犬の食育も人間と同じかなということがわかり良かったです。
ワンちゃんにももちろんですが、自分の「食」という部分でもこれからも少し勉強していきたいと思いました。
(末永さま)

今まで巷の情報にふりまわされていましたが、これからは考える礎ができたので楽しく手作りができるようになると思います。
(Fさま)

今まで自分の食事には無関心だったのに犬の事になると少し神経質になってしまっていた部分も、受講してみて最低限気をつけていれば大丈夫というお話を聴いて安心しました。
これからも気ままにマイペースで続けていきたいと思います。
(神野さま)

間違った理解や新しい発見等盛りだくさんでとても勉強になりました。
今後も参考にして更なるステップアップを目指したいと思います。
(渕之上さま)

長時間でしたがあっという間でした。とてもわかりやすい説明が勉強になりました。
(Mさま)

栄養学がとても興味深く、抜けていたパズルのピースがはまるようにとても楽しく、眠くなることもなく2日間受講できました。
本当に受講して良かったです。
(アルテミスさま)

ペットフードについても知ることができて良かった。
2日間いろいろな分野(内容)の話を聞くことができ、とても勉強になり、また楽しかったです。
(ゆーさま)

栄養学は苦手な部分だったので、自分にも役立てそうです。
ペットフードの当たりが少し難しく、全然知らないことだらけでした。
単調になりがちな食事だったのでもっといろんなものを食べさせてあげられるよう頑張ります。
(橋本さま)

色々と質問をしましたが、丁寧に答えていただき分かりやすかったです。
まだまだ勉強することがたくさんあると思っています。
(川島さま)

AAFCOの栄養基準しかないことがすごく不自然に思いました。数字通り計算して作るかと言われるとしませんが、安心のため手作り食にも適応できるようなものが出来ればと思います。
面倒さが先に立って踏ん切りがつかなかった手作り食も少しずつ初めてみようと思います。
(Oさま)

どの章でも知らなかったことやあいまいなことが分かりやすく知ることができました。
特に栄養学については人間の栄養を考える上でも参考になることが多くとても分かりやすかったです。
今後も勉強を続けていきたいと思います。
(鹿野さま)

先生に入門・2級と受講させていただき良かったです。有難うございました。
自分の家の子にどれだけ役立てられるか頑張りたいと思います。
(冨田さま)

ペットフード・手作り食に対する考え方が少し変わりました。
常にペットの身体のことを考え、家族の一員であること、ペットフードの上手な活用など、偏らない考えて向き合っていこうと思います。
(矢野さま)

まだよく頭に入っていませんが栄養学は色んな意味でもう少し「わかりたい」と思いました。
10時から17時まで「えっ!」と思いましたが受けてみたら楽しかったです。
色々な方の犬のことも聞けたり教えてもらえたり、受講して良かったです。
(矢野さま)

食べた後の流れについてが初めて理解した内容でしたが自分が生きていく上でも知っていて大切なことで興味深かったです。世の中の情報に惑わされなくなると思いました。
先生の説明がわかりやすくすんなりと入ってきて有意義な時間でした。
(大塚さま)

ペットフードは栄養のバランスがよくその他の食品を与える必要はなく人間の食べ物は与えない方が良いと思っていましたが、手作り食の方がより安心でペットも喜んで食べてくれるという事を勉強させていただきました。
これからも家のペット達、そしてお客様のペット達がより健康で幸せに暮らせるよう学んでいきたいと思います。
(鈴木さま)

楽しく受講できました。今後に少しでも役立てられたら良いですし、もっと上を目指していきたいとも思います。
明るい雰囲気でやっていただいて良かったです。
(山田さま)

ペットフードの成分についてはあまり興味がなかったのですが(正確には見ても分からなかった)、
栄養学を学んだあとではとても興味深かったです。
もっと難しい話になると思っていましたが今まで疑問に思っていたことが解決できたりしてすっきりしました。
(安松さま)


** 感想の内容はあくまでも受講者さまのお考えに基づいてのものとなります。 **


 いかがでしたか?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ペット食育士(*)2級認定講座は「犬・猫と暮らすための基礎知識」を身につけていただくための講座です。
 
 何事も「起こってから」では、元に戻りたいと考えても難しいですよね・・・。
 
 私たちは、飼い主さん自身が普段からきちんとした知識を持って「予防」を心掛けてくださることで、
 飼い主さんも、愛犬・愛猫も Happyな時間 を長く過ごしていただけると考えております。

 ぜひご一緒に「楽しく」学んでみませんか
 皆様にお会い出来ることを楽しみにおまちしております

 



ブログランキングに登録しました! 1つポチっとお願いいたします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://singkenkenyuyu.blog86.fc2.com/tb.php/70-9302f0da
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。