スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「症状を出してはいけない」・・・のでしょうか?

2010年05月31日 13:36

手作り食に変えた途端、
 下痢をしたり体をかくようになったので、 
 元に戻しました・・・。」


という経験談をお伺いすることがあります。

新しく始めたことを元に戻すことで落ち着けば、
飼い主さんは「そこが原因だった」と思われます。

しかし、
本当に解決していたのでしょうか?



確かに私たちも、鼻炎等で物事に集中できなかったり、
愛犬がかゆみに我慢できずかきむしって痛々しい姿になっているのを見れば、
何とかその状況を改善できないかと考えてしまうものだと思います。

その状況を知りつつも休養する時間も対処する余裕もなく放置してしまったために、
別の病も引き起こしてしまったなんて話を聞くと、
症状への対処を考えるのは当然の反応なのかもしれません。

また、処置をした時に落ち着いたものの、
暫くして再発するという繰返しを経験してしまうと、
症状に対して敏感になってしまう心理的ストレスも理解できるところです。


皆さんも風邪をひいた時に、
体の関節が痛くなった後発熱をした経験があると思います。
これは風邪のウィルスが体内に入ってきたことに対して、
体の中の免疫機能が働き撃退をしようとする反応によるものです。
ここで発熱を抑えればウィルスを生存させるきっかけを作り、
結果増やしてしまうことにもなります。

またこれは私の実体験からですが、
胃の処理能力以上の飲食をすると、
消化せず胃の中のものを排除しようと体が判断することがあるようです。
たとえ水であっても拒絶されました・・・。

当時は食中毒等食べた物やウィルスを疑ったものの、
結局は原因不明でした。
しかし後に別の診療により、
食べた物ではなく食べ方といった食生活の見直しが必要である
ことを指摘されたのです。

今では性懲りなく一線を越え胃に拒絶されたとしても、
まずは冷静に対応することが出来ます。


このことから、
症状を止めることが必ずしも絶対であるとは限らない
と考えられると思います。
なぜ症状が出るのか
を考え、根本を見直してみる必要もあると私は思います。



 下痢をするのは「胃腸が弱い」から?!


ブログランキングに登録しました! 1つポチっとお願いいたします


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://singkenkenyuyu.blog86.fc2.com/tb.php/156-3f858cc2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。